耳から慣れる英語勉強法|個別指導は最高の環境です|英語をマスターしたいなら尚更

個別指導は最高の環境です|英語をマスターしたいなら尚更

先生

耳から慣れる英語勉強法

英語

まずは耳で慣れること

中学校、高校生と英語を勉強していたにも関わらず英語に対して苦手意識を持っている人はどれくらいいるでしょうか。私たち日本人が母国語として日本語を習得する時、それは赤ちゃんの頃にさかのぼりますが、赤ちゃんは耳でまわりの大人たちの日本語を耳で聞いて、それから自分の口で話すようになります。まずは耳で聞くこと、音を聞くことが語学の一歩であることから効果的な勉強法を生み出したのが、スピードラーニングです。スピードラーニングの勉強法は、耳で聞いて英語の音に慣れるところから始まります。英語特有の子音や発音をまずは耳で慣れていくことで、知らず知らずのうちに、頭に英語のフレーズや単語が残り自分で理解できるようになります。スピードラーニングのCDでは英文のあとに日本語が流れます。これがスピードラーニングの特徴です。ただ英語を聞き流すだけでは特に英語初心者には意味が理解できません。この日本語訳も聞くことによって、英文の意味がすらすらと頭に入ってきます。

聞き流しを続けていくと

毎日スピードラーニングを聞き流すだけで英語がわかるようになるといっても、毎日の積み重ねが大切です。それは赤ちゃんが毎日少しずつ言葉を覚えて話せるようになることと同じで、一日で習得するのは難しいでしょう。赤ちゃんは一語話せるようになると、二語三語と口にすることがあります。それはこれまで耳で聞いていた言葉が蓄積され、あふれて口から出たとも言われます。学習の効果というのは、最初のうちはあまり現れないのですが、ある時を境に急に現れます。これを学習曲線といいます。効果が出ないからとあきらめることなくスピードラーニングの聞き流しを続けていくことで、三ヶ月を目安に急に英文が聞き取れる日が訪れます。一度習得するとそれはあなたのものとなり、すらすらと英文が理解できるようになっています。